ガンによる死亡例の半分近くは喫煙や飲酒が原因

男性の不安にはカマグラ

日本皮膚科学会もA判断で推奨の薄毛治療薬でAGA改善!!

男性の不安にはカマグラ

ED(勃起不全)の解消にカマグラゴールドはバイアグラの正規ジェネリック

医療

ガンは虚血性心疾患に次いで世界第2位の死因であり、ガンを発症しやすいリスクを増やす「危険因子」の存在が指摘されています。ワシントン大学医学部の研究チームが、世界全体におけるガンの死亡例の半分が危険因子に起因するものであるという調査結果を発表しました。

死亡原因の危険因子が喫煙とアルコール次いで高いBMI

今回発表された研究は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団による資金提供を受けたもので、2010年から2019年までの204カ国におけるガンによる死亡例に焦点を合わせ、23種類のガンと、34種類の「ガン発症リスクを高める危険因子」を調査しました。

調査の結果、ガンで亡くなった全男性の50.6%に当たる288万人が「ガン死亡のリスク要因となる危険因子への曝露(ばくろ)」が原因とされています。また、女性の場合は36.3%に当たる158万人が危険因子への曝露が指摘されています。世界的に見た危険因子のトップは男女とも「喫煙」で、次いで「アルコール」、「高BMI(参:BMIと適性体重)」でした。

最も多いのが器官系のガン

最も多いのが器官系のガン

また、危険因子に起因するガンの死亡例で最も多かったのが、
「気管・気管支・肺ガン」で、全体の36.9%を占めていました。
女性だと2位が「子宮頸ガン(17.9%)」、3位が「結腸・直腸ガン(15.8%)」、4位が「乳ガン(11%)」でした。
男性の場合は2位が結腸・直腸ガン(13.3%)、3位が「食道ガン(9.7%)」、4位が「胃ガン(6.6%)」でした。

危険因子によるガン死亡率が高い地域は、1位が中央ヨーロッパ(人口10万人当たり82人)、次いで東アジア(人口10万人当たり69.8人)、北アメリカ(人口10万人当たり66人)、南アメリカ(人口10万人当たり64.2人)、西ヨーロッパ(人口10万人当たり63.8人)でした。

危険因子はガンの発症リスクを高くする

もちろんすべての症例や死亡が予防できるわけではなく、危険因子に触れていなくてもガンを発症し、亡くなるケースも存在します。それでも、世界最大の独立系ガン研究機関であるCancer Research UKは、「禁煙や節酒、健康的な体重の維持、適度な日光浴、バランスのとれた食事は、リスクを下げることができます」と述べています。

ワシントン大学医学部保健指標評価研究所のクリストファー・マレー所長は「本研究はガンの負担が依然として重要な公衆衛生の課題であり、世界中にその規模が拡大していることを示しています。喫煙は世界的に見てもガンの主要な危険因子であり、他にもガン発症に大きく寄与しているさまざまな要因が存在しています。私たちの発見は、政治家や研究家が地域的、全国的、あるいは世界的にガンリスクを上げる危険因子を特定するのに役立つことでしょう」とコメントしています。

禁酒禁煙などで危険因子を遠ざける事が重要

オタゴ大学のダイアナ・サルファティ教授は「危険因子を断ち、曝露を低減することは、ガンによる将来の不安を減らすための最善の希望です。この不安を減らすことは自身の健康と福祉を改善するだけではなく、人体へのさまざまな影響と医療関係の財政的なリソースの圧迫を緩和することにつながります」と述べました。

<参考資料>

The global burden of cancer attributable to risk factors, 2010–19: a systematic analysis for the Global Burden of Disease Study 2019 – The Lancet
(URL:https://doi.org/10.1016/S0140-6736(22)01438-6)

Smoking and other risk factors cause almost half of cancer deaths, study finds | Cancer | The Guardian
(URL:https://www.theguardian.com/society/2022/aug/18/cancer-death-risk-factors-smoking-alcohol-global-study)

コメント

タイトルとURLをコピーしました