また出た「覚せい剤サプリ」不正な薬物混入製品でドーピング禁止薬物

一般的に販売されているダイエットサプリメントやスポーツサプリメントの一部に、世界アンチ・ドーピング機関によって禁止されている薬物成分が含まれていることがわかったという研究論文が発表されました。これらのサプリメントに含まれていた物質は覚せい剤の成分でもあり、健康上のリスクが高いと研究者は注意を促しています。

アメリカでは、毎年何万もの患者がサプリメントによって救急治療室送りになっているといわれています。2014年に発表された研究では、吐き気・おう吐・発汗・動悸(どうき)・胸痛・心停止などの症状が、「デテレノール」と呼ばれる物質を含むサプリメントと関連がある可能性が指摘されました。

デテレノールはアメリカ国内では人への使用が承認されていない医薬品で、2004年にはアメリカ食品医薬品局(FDA)によってサプリメントの成分として許可しないと決定されました。それにもかかわらず、デテレノールを配合するサプリメントが市販されていることが2018年に行われたサプリメントの分析で明らかになりました。

サプリメントの分析

ハーバード大学医学部のピーター・コーエン准教授らの研究チームは、アメリカ国内で市販されているダイエットサプリメントやスポーツサプリメントのうち、ラベルの配合成分にデテレノールが含まれている17種類を分析しました。

その結果、分析対象17種類のうち13種類に、デテレノールが実際に含まれていたと判明し、9種類の「潜在的に有害な覚せい剤成分」が検出されました。検出された薬物成分は、どれもが世界アンチ・ドーピング機構で禁止されています。特にそのうちの1つであるフェンプロメタミンは、実際は1940年代~1950年代に点鼻薬として使われていたのみで、安全性に関するデータはほとんど存在していないとのこと。

4種類の覚せい剤成分が混合した「覚せい剤のカクテル」

研究チームによると、サプリメントの中には4種類の覚せい剤成分が混合した「覚せい剤のカクテル」というべきものも存在していたとのこと。複数の覚せい剤成分を組み合わせた場合の安全性が十分に検証されていないため、こうしたサプリメントには消費者に健康上のリスクをもたらす可能性があると指摘しています。

研究チームは、「FDAはデテレノールの使用を許可しないと決定したにもかかわらず、サプリメントの製造業者にデテレノールの排除を指導しておらず、消費者への注意喚起も行っていない」と批判し、デテレノールをはじめとした覚せい剤をサプリメント市場から排除するために即座に行動を起こすべきだと主張しています。

さらにコーエン准教授は「私たちは臨床医に対して、ダイエットサプリメントやスポーツサプリメントを摂取する際に、患者が誤って覚せい剤成分を摂取してしまう可能性があることに注意を払うように求めています」と語りました。

カマグラゼリーはED治療薬

Full article: Nine prohibited stimulants found in sports and weight loss supplements: deterenol, phenpromethamine (Vonedrine), oxilofrine, octodrine, beta-methylphenylethylamine (BMPEA), 1,3-dimethylamylamine (1,3-DMAA), 1,4-dimethylamylamine (1,4-DMAA), 1,3-dimethylbutylamine (1,3-DMBA) and higenamine
https://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/15563650.2021.1894333

翻訳:スポーツおよび減量サプリメントに含まれる9つの禁止されている覚醒剤:デテレノール、フェンプロメタミン(ボネドリン)、オキシロフリン、オクトドリン、ベータメチルフェニルエチルアミン(BMPEA)、1,3-ジメチルアミルアミン(1,3-DMAA)、1,4-ジメチルアミルアミン(1、 4-DMAA)、1,3-ジメチルブチルアミン(1,3-DMBA)およびヒゲナミン

概要

バックグラウンド

デテレノールを含む減量とスポーツサプリメントは、心停止を含む重篤な有害事象に関連しています。

目的

米国で販売されているデテレノールを含むとラベル付けされた栄養補助食品中の実験的刺激物の存在と量を決定すること。

メソッド

米国で販売されており、デテレノールまたはその同義語の1つ(例、イソプロピルノルシネフリンおよびイソプロピルオクトパミン)を含むと表示されている栄養補助食品は、オンラインで購入しました。ブランドごとに、1つのコンテナまたはサブサンプルがNSF International(Ann Arbor、MI)によって分析され、1つのコンテナまたはサブサンプルがオランダ国立公衆衛生環境研究所(RIVM、Bilthoven、The Netherlands)によって分析されました。同じブランドの2つの容器またはサブサンプルの間に違いが存在する場合、両方の製品がSciensano(ブリュッセル、ベルギー)によって再分析されました。NSF Internationalは、超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)四重極-Orbitrap質量分析を使用して定性および定量分析を実施しました。RIVMは、UHPLC四重極飛行時間型質量分析を使用して定性および定量分析を実行しました。

結果

17ブランドのサプリメントが分析されました。多くのブランドが同じ製品に複数の禁止された覚醒剤を含んでいました:4つのブランド(24%、4/17)は2つの覚醒剤を含み、2(12%、2/17)は3つの覚醒剤を組み合わせ、2(12%、2/17) 4つの覚醒剤を組み合わせた。検出された9つの覚醒剤の推奨される1食分量あたりの量の範囲は2.7mgから17mgのデテレノールでした。1.3mgから20mgのフェンプロメタミン(ボネドリン); 5.7mgから92mgのベータメチルフェニルエチルアミン(BMPEA); 18mgから73mgのオクトドリン; 18mgから55mgのオキシロフリン; ヒゲナミン48mg; 17mgの1,3-ジメチルアミルアミン(1,3-DMAA); 1.8mgから6.6mgの1,3-ジメチルブチルアミン(1,3-DMBA); および5.3mgの1,4-ジメチルアミルアミン(1,4-DMAA)。

結論

成分としてデテレノールをリストしている減量とスポーツサプリメントには、9つの禁止された覚醒剤と8つの異なる覚醒剤の混合物が含まれ、製品ごとに4つの実験的覚醒剤が含まれていました。これらの覚醒剤のカクテルは、人間でテストされたことがなく、その安全性は不明です。

前書き

栄養補助食品は、米国(US)で毎年何万もの救急科の訪問の原因であると推定されています[ 1 ]。減量とスポーツサプリメントは、これらの救急科の訪問の不均衡な数に貢献しています[ 1 ]。出血性脳卒中や突然死などの重篤な有害事象は、これらのサプリメントに起因するとされています[ 1–3 ]。ただし、健康上のリスクの原因となるこれらの製品の特定の成分はよくわかっていません。一つの可能性は、実験的な覚せい剤の組み合わせは、[消費者に健康上のリスクをもたらすということである45]。たとえば、研究者たちは、覚醒剤の混合物を含むスポーツサプリメントの1つのブランドを、吐き気、嘔吐、発汗、興奮、動悸、胸痛、心停止などの数十の有害事象に関連付けました[ 4 ]。関係する製品であるデキサプリン(iForce Nutrition)には、デテレノールが含まれていることがわかりました[ 4 ]。

デテレノールは、米国でヒトへの使用が承認されたことのない医薬品のベータ作動薬です。2004年、米国食品医薬品局(FDA)は、デテレノールを栄養補助食品の成分として許可しないことを決定しました[ 6 ]。それにもかかわらず、2018年以来、deterenolは、いくつかの米国で販売された栄養補助食品のブランド[検出されている7、8 ]、およびFDAの化学者サプリメントで[deterenolの存在を確認している9 ]。しかし、FDAは、製品からデテレノールを除去するように製造業者に助言しておらず、デテレノールを含むとラベル付けされたサプリメントを避けるように消費者に警告していません。

私たちは、デテレノールを含むとラベル付けされ、米国で販売されている栄養補助食品中の実験的刺激物の存在と量を決定するために研究を設計しました。この研究の目的のために、我々は実験的覚醒剤を、処方薬または栄養補助食品としての経口使用についてFDAによって承認されていない活性医薬品刺激剤と呼び、禁止された覚醒剤を栄養補助食品で禁止されたものと呼びます。FDAによって、および/または世界アンチドーピング機関によってスポーツで禁止されています。

材料および方法

ラベルの成分としてデテレノールまたはその同義語の1つ(例えば、イソプロピルオクトパミンまたはイソプロピルノルシネフリン)をリストしているすべての栄養補助食品は、Google検索エンジンを使用して識別されました。ブランドが1つのフレーバーで販売された場合、入手可能な場合は2つのサンプルを購入しました。ブランドが複数のフレーバーで販売されている場合は、入手可能な場合は各フレーバーのサンプルを2つ購入しました。サプリメントは2018年4月にオンラインで購入されました。購入後のボトルの検査時に、実際のラベルにデテレノールまたはその同義語の1つが記載されていない場合、サプリメントは除外されました。

ブランドごとに、1つのコンテナがNSF International(Ann Arbor、MI)によって分析されました。これは、公衆衛生基準と認証プログラムを開発する独立した非営利団体であり、1つのコンテナはオランダ国立公衆衛生環境研究所( RIVM、ビルトホーフェン、オランダ)。ブランドが複数のフレーバーで利用できる場合、各フレーバーのコンテナーが各ラボで分析されました。購入時に利用できるコンテナが1つしかない場合は、コンテナの内容を分割し、各ラボでサブサンプルを分析しました。同じブランドの分析間で不一致が検出された場合、サンプルまたはサブサンプルは、独立した同一性の確認のために、公式の医薬品管理研究所であるSciensano(ブリュッセル、ベルギー)によって再分析されました。NSF Internationalは、四重極-Orbitrap質量分析を備えた超高速液体クロマトグラフィー(UHPLC)を使用して、定性および定量分析を実施しました。RIVMは、UHPLC四重極飛行時間型質量分析を使用して定性および定量分析を実行しました。Sciensanoは、四重極-Orbitrap質量分析を備えたUHPLCを使用して定性分析を実施しました。RIVMはデテレノールを定量化し、NSFインターナショナルは他のすべての実験的刺激物を定量化しました。実験的覚醒剤は、それらの存在が2つの研究所によって独立して確認された場合にのみ検出されたと報告されました。見る Sciensanoは、四重極-Orbitrap質量分析を備えたUHPLCを使用して定性分析を実施しました。RIVMはデテレノールを定量化し、NSFインターナショナルは他のすべての実験的刺激物を定量化しました。実験的覚醒剤は、それらの存在が2つの研究所によって独立して確認された場合にのみ検出されたと報告されました。見る Sciensanoは、四重極-Orbitrap質量分析を備えたUHPLCを使用して定性分析を実施しました。RIVMはデテレノールを定量化し、NSFインターナショナルは他のすべての実験的刺激物を定量化しました。実験的覚醒剤は、それらの存在が2つの研究所によって独立して確認された場合にのみ検出されたと報告されました。見る分析メソッドとその検証の詳細に関する補足データ。

結果

17ブランドのサプリメントの35サンプルを購入しました(12ブランドのサプリメントの2サンプル、2フレーバーで販売された2ブランドの4サンプル、購入時に2番目のサンプルが在庫になかった3ブランドの1サンプル)。購入したボトルを検査したところ、すべての製品に実際のラベルにデテレノールの同義語が記載されていたため、除外されたものはありませんでした。

ラベルのデテレノールに使用される同義語には、イソプロピルノルシネフリン、イソプロピルノルシネフリンHCl、N-イソプロピルノルシネフリンHCl、およびイソプロピルオクトパミンが含まれていました。サプリメントの大部分は、減量(8/17; 47%)またはスポーツ/エネルギーサプリメント(6/17; 35%)のいずれかとして販売されていました。3つのブランドは表示をリストしませんでした。検出された覚醒剤の構造を図1に示します。検出された覚醒剤の正体と量を表1に示します。検出された覚醒剤の組み合わせは、個々のブランドの異なるフレーバー間で変化しませんでしたが、ブランド内のフレーバーごとに各覚醒剤の量にわずかな変動がありました。分析と解釈を容易にするために、ブランド内の両方のフレーバーにわたる各覚醒剤の平均量を計算しました。

図1.(A)デテレノール、(B)フェンプロメタミン、(C)β-メチルフェニルエチルアミン、(D)オキシロフリン、(E)1,3-ジメチルブチルアミン、(F)1,3-ジメチルアミルアミン、(G)1の化学構造、4-ジメチルアミルアミン、(H)オクトドリンおよび(I)ヒゲナミン。

表1.分析された栄養補助食品に含まれる覚醒剤の量。

デテレノールの量は一食当たり2.7mgから17mgの範囲でした。ラベルに記載されている推奨サービングサイズに従うと、消費者は1日あたり最大69mgのデテレノールにさらされる可能性があります。デテレノールは、ブランドの47%(8/17)に存在する唯一の覚醒剤であり、4つのブランド(24%)では、デテレノールは検出されませんでした。

フェンプロメタミンは、次に最も一般的に検出された覚醒剤でした。17のブランドのうち4つ(24%)には、1食あたり1.3mgから20mgの範囲の薬が含まれていました。フェンプロメタミンを含むことが判明した4つの製品のうち1つだけが、ラベルに薬剤の同義語であるn-メチル-ベータ-メチルフェニルエチルアミンを記載していました。

8つのブランドには、複数の禁止されている覚醒剤が含まれていました。たとえば、1つのブランドには、1食あたり92 mgのBMPEA、55 mgのオキシロフリン、11 mgのデテレノール、11mgのフェンプロメタミンが含まれていました。4つのブランド(24%)が2つの覚醒剤を組み合わせ、2つのブランド(12%)が3つの覚醒剤を組み合わせ、2つのブランド(12%)が4つの覚醒剤を組み合わせました。

検出された9つの覚醒剤の推奨される1食分量あたりの量の範囲は2.7mgから17mgのデテレノールでした。1.3mgから20mgのフェンプロメタミン(ボネドリン); 5.7mgから92mgのベータメチルフェニルエチルアミン(BMPEA); 18mgから73mgのオクトドリン; 18mgから55mgのオキシロフリン; ヒゲナミン48mg; 17mgの1,3-ジメチルアミルアミン(1,3-DMAA); 1.8 mg〜6.6の1,3-ジメチルブチルアミン(1,3-DMBA); および5.3mgの1,4-ジメチルアミルアミン(1,4-DMAA)。

サプリメント、スポーツ、減量の両方のカテゴリー内で、個々の製品には単一の覚醒剤が含まれ、他の製品には覚醒剤の複雑な混合物が含まれていることがわかりました。

討論

デテレノールを含むとラベル付けされた17ブランドのサプリメントで、減量とスポーツサプリメントの9つの実験的刺激物と禁止された刺激物の8つの異なる組み合わせを特定しました。ブランドの半分未満では、デテレノールが唯一の覚醒剤であり、デテレノールはブランドの4分の1に存在せず、大多数のブランドには、4つの実験的覚醒剤の組み合わせを持つ個々のブランドを含む複数の異なる禁止覚醒剤が含まれていました。

7つの覚醒剤(すなわち、1,3-DMAA、1,4-DMAA 1,3-DMBA、BMPEA、ヒゲナミン、オキシロフリン、オクトドリン)は、以前は製品の押収、警告書、公告などのFDA規制措置の対象となっていました。私たちの知る限り、検出された覚醒剤のうちの2つ、デテレノールとフェンプロメタミンは、FDAの強制措置や消費者への警告の対象ではありませんでした。デテレノールとフェンプロメタミンの経口摂取による潜在的な健康への影響をよりよく理解するために、公開された文献で関連するすべての動物と人間の研究をレビューしました。また、FDAの施行措置後も、禁止されている実験的覚醒剤が栄養補助食品に含まれている理由についても検討しました。

デテレノール(イソプロピルオクトパミン)

動物と人間におけるデテレノールの効果を調べるいくつかの研究が発表されています。数十の研究により、デテレノールのベータアゴニスト効果がinvitroおよびinvivoで実証されています。インビトロでのモルモット心房と気管にdeterenolの研究は、例えば、[薬物はないα-アドレナリン活性を有する高度に選択的βアゴニストであることが見出さ10 ]。ヒトにおけるデテレノールのベータアゴニスト効果は、6人のヒト被験者に静脈内投与されたデテレノールの研究で文書化されています[ 11 ]。私たちの知る限り、経口投与されたデテレノールの効果は、16人の被験者を対象とした単一の研究でのみ調べられています[ 12]。1949年に発表されたこの研究では、デテレノールの3つの経口投与の効果を調べました。1mg/ kgで、薬剤は血管収縮作用を有することがわかりました。2〜3 mg / kgの場合、薬は紅潮、四肢と顔のうずき、不安、拡張期血圧の低下、心拍数の増加を引き起こしました。また、5 mg / kgの場合、デテレノールは嘔吐、低血圧、腹筋運動、かすみ目、動悸、倦怠感、呼吸困難を引き起こしました[ 12 ]。これらの2つの研究に加えて、ヒトでのdeterenolの唯一の他の研究では、deterenolを皮下投与した点眼投与し、一つの研究を検討する一つの研究ではない-どちらの研究では、経口投与されたdeterenol [の安全性の証拠を提供13、14]。さらに、現在の研究で検出された他の実験的覚醒剤とデテレノールを組み合わせることの安全性について、動物またはヒトでの研究を認識していません。

デテレノールはFDAによって承認されたことはありません。1975年から1982年の間に、この薬は緑内障の治療のための眼科用製剤としてヨーロッパで販売されました[ 15 ]。米国では、2004年にサプリメントでのエフェドラアルカロイドの禁止に続いて、製造業者がサプリメントにデテレノールを導入するための申請をFDAに提出しました[ 16 ]。FDAは、植物の成分として特定されたことのないデテレノールは、サプリメント成分として許可されていないと回答しました[ 6 ]。

デテレノールの法的地位にもかかわらず、4つの以前の研究は市販のサプリメントでデテレノールを検出しました。2013年のオランダの研究者は、デキサプリン(iForce Nutrition)の他の刺激物と組み合わせた19mgから39mgのデテレノールを特定し、この製品が悪心、嘔吐、興奮、動悸、胸痛、心停止などの一連の重篤な有害事象に関連していることを発見しました。4 ]。2018年以降、3つの調査により、米国で入手可能なサプリメントに1食あたり20〜76 mgの範囲のデテレノールが含まれていることが確認されています[ 7〜9 ]。これらの研究の1つは、FDAの分析化学者によって実施されました[ 9]; それにもかかわらず、私たちは、栄養補助食品からデテレノールを排除したり、サプリメントに覚醒剤が存在することを消費者に警告したりするための当局による強制措置を認識していません。

フェンプロメタミン(ボネドリン)

1940年代初頭、メレル社はフェンプロメタミン点鼻薬であるボネドリンを開発し、アンフェタミン点鼻薬であるスミス、クライン&フレンチのベンゼドリンと競合しました[ 17 ]。FDAは1943年にVonedrineを鼻吸入器として承認し、Merrell Co.が1960年に吸入器を撤回するまで利用可能でした(1940年代のVonedrineの広告については補足図2を参照)[ 18 ]。FDAは1971年にVonedrineの承認を正式に撤回しました[ 19 ]。

サプリメントでphenpromethamineの導入は、サプリメント成分[1,3- DMAAの履歴に匹敵20、21 ]。1948年、Eli Lilly&CoはForthane点鼻薬で1,3-DMAAを販売しましたが、1970年代までに市場から撤退しました。エフェドラアルカロイドがサプリメントで禁止された後、1,3-DMAAは何百もの製品に導入されました。FDAはサプリメントから1,3-DMAAを排除するために複数の施行措置を講じていますが、覚醒剤は現在の研究で分析された製品を含め、広く利用可能です。

フェンプロメタミンは、米国または他の場所での経口使用が承認されたことはありません。フェンプロメタミンの有効性と安全性に関する臨床データは非常に限られています。逸話1940年代から2つの報告書に記載されている吸入器Vonedrine鼻の経験[ 22、23 ]、および1つの研究では、Vonedrine鼻吸入器は、そのdecongesting効果[用アンフェタミン鼻吸入器と同等であることが判明24 ]。皮下フェンプロメタミンは皮膚の湯通しを引き起こすことがわかっており[ 25 ]、私たちの知る限り、フェンプロメタミンの経口使用は単一の報告にのみ記載されています[ 26]。1944年に発行されたレポートには、10人の患者が関わっており、製薬会社が後援し、小児科研修医が作成したという点で注目に値します。著者は、喘息患者10人中6人において、経口デテレノールが血圧や脈拍を変化させることなく喘息の症状を改善したと主張しました[ 26 ]。

以前の研究は、フェンプロメタミンがサプリメントに存在する可能性があるという予備的な証拠を提供しました。ブラジルのいくつかの米国製品の研究では、4つのブランドのサプリメントでフェンプロメタミンの予備的な証拠が見つかりました[ 27 ]。オーストラリアの研究では、1つのブランドのサプリメントでフェンプロメタミンの予備的な証拠が見つかりました[ 28 ]。どちらの研究もライブラリマッチを使用して薬物を特定しましたが、覚醒剤の存在は参照標準を使用して確認されておらず、フェンプロメタミンの量も決定されていません。私たちの知る限り、私たちの研究は、サプリメント中のフェンプロメタミンの存在を確認および定量化した最初の研究です。

科学文献で入手できるデータが非常に限られていることを考えると、経口フェンプロメタミンがヒトにリスクをもたらす用量は不明です。私たちの知る限り、現在の研究で特定された他の実験的覚醒剤と組み合わせてフェンプロメタミンを摂取することの安全性を調査した動物または人間の公表された研究はありません。

補足法のFDA施行

米国では、FDAは粗悪品のサプリメントを市場から排除する責任があります。ただし、代理店は常にそれに応じて行動するとは限りません[ 29 ]。たとえば、FDAは、薬物が混入していることが判明した746ブランドのサプリメントの半分以上を思い出すことができませんでした[ 30 ]。別のケースでは、FDAの科学者がスポーツや減量のサプリメントに新しい覚醒剤を発見した後、FDAは消費者に警告しませんでした[ 31 ]。私たちの研究は、デテレノールの場合のように、FDA自身の科学者が粗悪なサプリメントを特定した場合でも、FDAが行動に失敗する可能性があるというさらなる証拠を提供します。

また、FDAがサプリメントから除去しようとした多くの覚醒剤を検出しました。以前は、FDAが禁止されている覚醒剤を市場から排除するための措置を講じた場合、その施行措置は必ずしも成功していませんでした。たとえば、FDAのリコールの対象となる27ブランドのサプリメントの分析では、FDAのリコールから4年後まで、製品の3分の2に禁止薬物が含まれていることがわかりました[ 32 ]。別の分析によると、特定の禁止されている覚醒剤に関するFDAの公示は、製品からのそれらの除去につながらなかった[ 33 ]。実際、あるブランドのサプリメントは、覚醒剤に関するFDAの公告ののみ、禁止された覚醒剤を導入しました[ 33]。このパターンは、FDAが検出されたいくつかの実験的覚醒剤(すなわち、1,3-DMAA、1,3-DMBAおよびオキシロフリン)に関して強制措置を講じた現在の研究で再び明らかでしたが、禁止された覚醒剤はサプリメントに存在したままですFDAの警告にもかかわらず。

本研究は、米国でサプリメントを規制する法律のFDA施行に関する追加の懸念を提起します。栄養補助食品成分として新しい成分を導入するための合法的なルートは、「新しい食事成分」の申請書をFDAに提出することです。FDAが懸念を表明せずに申請書の受領を認めた場合、その成分は栄養補助食品に導入することができます。当局は、2004年にデテレノールの申請を認めることを拒否し、それは許可された食事成分ではないと主張しました[ 6 ]。私たちの研究は、向知性ピラセタムの場合と同様に、FDAがサプリメントとしての薬物の販売申請を拒否した後、サプリメントへの薬物の導入を文書化した最初のものではありません[ 34]。デテレノールの場合、ヨーロッパではデテレノールを含むサプリメントが突然死を含む一連の深刻な副作用に関連していることを考えると、施行の欠如が特に懸念されます[ 4 ]。

制限事項

私たちの研究にはいくつかの制限があります。サンプルサイズが小さいため、定量的な結果は必ずしもすべてのデテレノール含有製品を代表するものではありません。ただし、定量的データは、消費者が1食分あたりに曝露する可能性のある覚醒剤の量の初期推定値を提供します。さらに、ラベルにデテレノールまたはその同義語の1つが記載されているサプリメントのみを分析しました。これらの同義語の1つを成分としてリストしていないサプリメントには、他の実験的刺激物の有無にかかわらず、デテレノールが含まれている可能性があります。したがって、私たちの研究は、デテレノールを含む米国で入手可能なすべてのサプリメントの調査と見なされるべきではありません。最後に、1つの時点でのみ製品をサンプリングしました。以前の調査では、個々のブランドの覚醒剤が時間の経過とともに変化する可能性があることが示されています[33 ]。したがって、私たちの結果は、異なる時点でサンプリングされたこれらの製品に存在する覚醒剤を表していない可能性があります。

結論

米国で販売されている栄養補助食品の研究では、8つの異なる組み合わせに処方された9つの禁止された覚醒剤が見つかりました-どれも人間で研究されていません。FDAが製造業者または消費者に警告を発していない2つの覚醒剤を検出しました:ヒトで経口摂取すると深刻な副作用を引き起こす可能性のあるベータ作動薬であるデテレノールと、 1940年代と1950年代。デテレノールもフェンプロメタミンも、米国または他の場所での経口使用が承認されていません。デテレノールとフェンプロメタミンに加えて、オキシロフリン、オクトドリン、BMPEA、1,3-DMAA、1,4-DMAA、1,3-DMBA、ヒゲナミンを含む7つの追加の実験的刺激物が同定されました。これらの覚醒剤の組み合わせを消費するリスクは不明です。FDAは、減量やスポーツサプリメントに実験的覚醒剤のカクテルが含まれていることを消費者に警告し、これらの覚醒剤を市場から排除するための効果的な措置を直ちに講じる必要があります。臨床医は、減量やスポーツサプリメントを摂取する際に、患者が実験的で禁止されている覚醒剤に不注意にさらされる可能性に注意を払う必要があります。

WWII-era stimulant drug discovered in weight loss supplements | Live Science
https://www.livescience.com/prohibited-stimulants-weight-loss-sports-supplements.html

翻訳:減量サプリメントで発見された第二次世界大戦時代の覚醒剤

フェンプロメタミンとして知られる覚醒剤は、1940年代と1950年代にVonedrineと呼ばれる鼻吸入器として最後に販売されました。

新しい研究によると、第二次世界大戦時代の実験的な覚醒剤は、今日販売されている減量とスポーツサプリメントに現れています。

フェンプロメタミンとして知られる覚醒剤は、1940年代と1950年代にボネドリンと呼ばれる鼻吸入器として最後に販売されましたが、火曜日(3月23日)に発表された研究によると、その後市場から撤退し、経口使用が承認されたことはありません。 )ジャーナルClinicalToxicologyにあります。また、世界アンチ・ドーピング機関によって競技スポーツも禁止されています。新しい研究は、サプリメント中のフェンプロメタミンの存在を確認した最初の研究であるように思われる、と著者らは述べた。

フェンプロメタミンに加えて、この研究では、スポーツおよび減量サプリメントで禁止されている他の8つの覚醒剤が特定されました。これらは、さまざまな組み合わせで混合されて、人々で研究されたことのない覚醒剤の「カクテル」を作成することがよくありました。

関連:一部の「脳を活性化する」サプリメントには、未承認の薬物が高レベルで含まれています

「これは本当に驚くべきことです」と、ケンブリッジヘルスアライアンスの一般内科医でハーバード大学医学部の准教授である研究主任著者のピーターコーエン博士はライブサイエンスに語った。「9つの異なる実験的な禁止された覚醒剤を同時に見つけることは本当に非常に衝撃的でした。」著者らは、1つのサプリメントで4つもの異なる覚醒剤を発見しました。

これらの覚醒剤の組み合わせを消費するリスクは不明であり、これらの覚醒剤は常に製品ラベルに記載されているわけではない、と著者らは述べています。

「FDAは、減量やスポーツサプリメントに実験的覚醒剤のカクテルが含まれていることを消費者に警告し、これらの覚醒剤を市場から排除するために即座に効果的な行動を取るべきです」と著者らは研究に書いています。

禁止されている覚醒剤 

研究者たちはフェンプロメタミンではなく、デテレノールと呼ばれる別の覚醒剤を探して研究を始めました。ヨーロッパの研究によると、デテレノールと他の覚醒剤を含むサプリメントは、吐き気、嘔吐、胸痛、心停止、さらには突然死など、人々に有害な影響を与えることがわかっています。(デテレノールは米国での使用が承認されたことはなく、2004年にFDAは覚醒剤を栄養補助食品に使用することは許可されていないと判断しました。)

この研究のために、彼らは、デテレノールまたは薬物の同義語を含むとラベル付けされた、米国で販売されている17ブランドのサプリメントを分析しました。これらの製品は通常、減量サプリメントまたはスポーツサプリメントとして販売されていました。(これらのサプリメントブランドの完全なリストは、研究で見つけることができます。)

研究者たちは、17のサプリメントのうち13でデテレノールを発見しました。次に最も一般的に検出された覚醒剤は、17のブランドのうち4つに存在するフェンプロメタミンでした。

フェンプロメタミンの安全性に関するデータはほとんどありません。コーエン氏によると、1940年代と1950年代に使用されたときは、点鼻薬としてしか入手できなかったという。人々が今日サプリメントでそれをどのように消費するかである経口摂取の効果は知られていない。「濃縮して錠剤の形で服用すると、まったく異なる効果が得られる可能性があります」とコーエン氏は述べています。

フェンプロメタミンは、栄養補助食品に登場した最初の第二次世界大戦時代の覚醒剤ではありません。FDAが栄養補助食品から覚醒剤エフェドラを禁止した後、2004年に、メーカーは、以前に1948年に鼻吸入器として販売されていた1,3-DMAAを含む他の実験的刺激剤の追加を開始したと著者らは述べた。FDAはそれ以来、サプリメントから1,3-DMAAを禁止し、心臓の問題のリスクを高める可能性があるという警告を発しています。

「FDAが覚醒剤について警告するとすぐに、新しいもの、それらの類似した変種が現れる傾向がある」とコーエン氏は述べた。

研究によると、これまでのところ、FDAはフェンプロメタミンについて消費者に警告を発していません。さらに、FDAの科学者は最近、サプリメントにデテレノールを検出し、2020年9月にジャーナルDrug Testing and Analysisに調査結果を公開しました。しかし、この発見後も、サプリメントが代理店によって禁止されているにもかかわらず、代理店は警告を発しませんでした。 、コーエンは言った。

「[デテレノール]が存在するとFDAが判断したらすぐに行動すべきだったことは間違いない」とコーエン氏は述べた。「彼らはすぐに消費者にデテレノールについて警告するべきです。彼らは覚醒剤を含むサプリメントを取り除く必要があることを製造業者と連絡するべきです。」

FDAはデテレノールについて警告していないかもしれませんが、FDAは一般的に減量サプリメントについて警告しています。FDAは、そのWebサイトで、隠れた潜在的に有害な有効成分を含む栄養補助食品の「新たな傾向を特定した」と述べています。「消費者は、さまざまな量の承認された処方薬成分、規制薬物、およびテストされていない、研究されていない医薬品有効成分が混入された製品を無意識のうちに服用する可能性があります」と代理店は言います。

新しい研究で見つかった9つの覚醒剤のうち、1,3-DMAAを含む7つは、サプリメントに含まれているため、以前はFDAの警告の対象でした。この知見は、これらの刺激は、FDAによって禁止された後、いくつかの栄養補助食品は、まだ数年、実験覚せい剤が含まれていることがわかったコーエンらによる2018年の研究のそれと一致し、以前に報告されたライブ・サイエンス。

コーエン氏によると、製造業者がラベルに薬を記載していないか、薬の同義語を使用している可能性があるため、栄養補助食品に禁止されている覚醒剤が含まれているかどうかを知ることは難しい場合があります。

彼らは失う重量として標識されたもののお手伝いをしますと言って標識されたもの-しかし、一般的には、コーエンは、栄養補助食品の二つのカテゴリーを避けるために、消費者に助言事前トレーニングや筋肉増強サプリメント。(後者のカテゴリーは、一般的にアミノ酸を含み、心配するものではないプロテインパウダーを除外します。)これらのカテゴリーのサプリメントは、2つのことが起こるまで安全であるとは見なされません。 ;そしてFDAは効果的に法を執行し始める」とコーエン氏は述べた。

ライブサイエンスに提供された声明の中で、FDAは新しい研究をレビューしていると述べました。「FDAは、安全性、製品の完全性、情報に基づく意思決定など、栄養補助食品の戦略的優先事項を推進することに専念しています。これらの問題に対する意識を高め、必要な注意を払うためのこのような研究に感謝します」と声明は述べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です