最先端のゴムなしでの避妊方法とは?

男性の不安にはカマグラ

日本皮膚科学会もA判断で推奨の薄毛治療薬でAGA改善!!

男性の不安にはカマグラ

ED(勃起不全)の解消にカマグラゴールドはバイアグラの正規ジェネリック

世界

性行行為によって避妊方法として、主にコンドーム着用が一般的ですが、次に低用量ピル緊急避妊薬などがあり、積極的には使われにくい選択肢として女性用コンドーム・子宮内避妊具(IUD)などがあります。多くの選択肢が女性側への避妊であり男性側への避妊の選択肢もこれまで模索されてきました、現在、男性側の避妊ではどの程度進んでいるのでしょうか?!

コンドームの避妊率は意外に高い

コンドームの避妊率は意外に高い

ラブホテルなどでも置かれているコンドームを着用しても避妊率は80%前後と考えれている。
これは膣外射精でも避妊率としては同程度なようです。ましてや経験不足の男子や性器自身に問題があり精子がもれていれば、コンドームの着用の有無に関わらず間違いや事故などにより妊娠をさせてしまう事も考えられます。


極端な避妊方法としては精管の切除による避妊をする「パイプカット」という選択肢もあるものの、これには手術が必要であり、元に戻して再び妊娠可能にすることが非常に難しとされ外科的な手術は物理的なリスクもあり積極的に選択はされにくいモノでもあります。

今、現在、実用的で手軽なモノで高い避妊率は実は女性側でのピルの服用となっています。
参考製品:低用量ピルで毎日ホルモン調整での避妊
参考製品:膣内射精後に受精や卵子着床を防止し避妊

男性向けの避妊薬も注目

男性向けの避妊薬も注目

近年では新たな男性向け避妊薬などが注目されていますが、実際には1980年代にメスを使わないパイプカットが登場して以来、新たな避妊方法は登場していません。
男性向け避妊薬の開発は主に学術機関や非政府組織のサポートで進められているものの、これらの機関には製薬会社に匹敵するほどの医薬品開発インフラストラクチャーが整っておらず、財源の問題もあると指摘しています。

男性向け避妊薬のリスクに及び腰

技術的に男性向け避妊薬を開発は難しくはないと考えらえていますが、技術や設備がある製薬会社では「避妊薬の開発コストおよび市場における需要の不確実性」「医薬品を管轄する政府当局から承認を得るための規制要件の不明確さ」「避妊薬を使用したカップルにおいて妊娠が発生した場合の責任」といった点から、男性向け避妊薬の開発に及び腰だとのこと。

テストステロンは筋トレだけでなく男性避妊でも有効

テストステロンは筋トレや女性の更年期障害などで摂取されます。ここで臨床試験も進んでいる男性向け避妊薬として「ホルモン法」と呼ばれるアプローチでテストステロンプロゲスチンといったホルモンを送り込む避妊方法となります。

プロゲスチンは精子を作るための下垂体ホルモンの分泌を抑制する効果を持っています。また、テストステロンは精巣が精子を生産するためにも使われますが、濃度が一定以上になると下垂体ホルモンの分泌が抑制されることがわかっているため、テストステロンの服用は精子生産を抑制する効果があるとのこと。
筋トレなどで使わているテストステロンは実は精子を少なくするのは副作用として知られてますね。

また、別のアプローチとしてテストステロンなどのホルモンを使用しない「非ホルモン性避妊薬」も考えられていますが、この方法は、精子の濃度や機能を低下させるために精子産生器官を標的にした薬物を使い、男性の生殖能力を低下させるというものです。他にも、精子を輸送する精管を可逆的な方法で遮断するという避妊法が模索されています。精管にポリマーの一種であるヒドロゲルを注入することで精子をブロックするという手法がテストされているとのことです。

このように様々なアプローチでの男性向けの避妊薬の研究が進められていますが、既に多数ある女性主導の確率した避妊方法の選択肢があり、且つ医薬メーカー視点としては男性向けの避妊には様々なリスクが懸念されていますので、安全性が高い実用的(高い避妊率)なコンドーム以外の男性主導の避妊方法は難しいようですがゴム派の男性として様々な選択肢が増えるのは喜ばしいですね。

Male birth control options are in development, but a number of barriers still stand in the way
There hasn’t been a new form of male birth control since the 1980s. More contraception options for all partners could help reduce the rate of unintended pregnan...

一体なぜ男性を対象にした避妊法は選択肢が少ないのか、そして男性向けに開発されている新たな避妊法について、カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部の教授を務めるChristina Chung-Lun Wang氏が解説しています。

Male birth control options are in development, but a number of barriers still stand in the way
https://theconversation.com/male-birth-control-options-are-in-development-but-a-number-of-barriers-still-stand-in-the-way-186537

コメント

タイトルとURLをコピーしました