国内初の“肥満改善薬”の承認さら来年から発売予定

男性の不安にはカマグラ

日本皮膚科学会もA判断で推奨の薄毛治療薬でAGA改善!!

男性の不安にはカマグラ

ED(勃起不全)の解消にカマグラゴールドはバイアグラの正規ジェネリック

健康

国内でもダイエット薬が薬局で入手できるようになるようです。これまでもダイエット効果があると「噂(うわさ)」されるサプリや漢方系の健康食品が販売されていました。
ここにきて美容系クリニックなどでは処方箋薬として取り扱われていた”肥満改善薬”がドラッグストアでの販売解禁となりそうです。
愛用ユーザでは海外通信の「食べた脂肪分をウンコ💩」として排泄して脂肪分のカロリーオフが出来るとして、「食べるダイエット」ができるので食欲の我慢が不要で人気のダイエット薬でした。

参考:食べた食事の脂肪分の吸収を阻害する薬効成分「オルリスタット」

“肥満改善薬”が承認され処方箋いらず薬局で購入

2022年11月28日に行われた厚生労働省より国内初の“肥満改善薬”の承認が了承された。
2023年3月にも正式に承認される見込みとなっているが、現在日本で承認されている“肥満改善薬”は1種類のみですしたが、これは医師の処方が必要なお薬で保険適用外でもありました。
しかし今回新たに承認される見込みの“肥満改善薬”は、処方箋なしで、薬局で購入可能です。
その薬が大正製薬の“肥満改善薬”「アライ」の臨床試験でも確認された効果は「脂肪の吸収を抑制」。
容量は1回1錠で、用法は1日3回食事中か食後1時間以内。前提として、生活習慣改善と併せて補助的に使用するものとなっています。

この「脂肪の吸収を抑制」する成分は肥満大国の米国では良く利用されておりましたが、日本国内でもネット通販でも購入が出来ておりました。

特に何が嬉しいかというと、手軽に国内メーカー製の「肥満改善薬」が入手できる事です。

参考:食べた食事の脂肪分の吸収を阻害する薬効成分「オルリスタット」

臨床試験では約2倍の減量効果

海外及び国内の臨床試験での効果は2倍と在ります。
被験者の前提条件としては、運動や食事の質など生活習慣の改善に取り組みながらの服用となります。
約1400人が参加した海外の臨床試験では、有効成分が入っていない偽薬を服用した人は約1年後の結果が体重平均2.3kg減、「アライ(脂肪吸収阻害薬)」を服用した人は平均4.8kg減。
参加者200人の日本の臨床試験では、約半年後の結果が偽薬が平均1.0kg減、「アライ(脂肪吸収阻害薬)」が平均2.2kg減と、「アライ(脂肪吸収阻害薬)」を服用した場合は約2倍の効果がありました。

脂肪分の分解を阻害 脂肪になるのを防ぐ

そもそもどうやって、脂肪がついていくのか。脂肪分を吸収するメカニズムはこうです。
一般的に腸内では、食物を食べると、脂肪分解酵素が食物の脂肪分を細かく分解します。分解されて初めて細胞に吸収され、これがたまって脂肪になっていきます。
しかし“肥満改善薬”を服用すると、脂肪を分解する脂肪分解酵素の働きが阻害され、脂肪は分解されず大きいままになります。
すると、大きな脂肪分は細胞内に入れず、吸収されないまま脂として体外に排出されるというメカニズムです。

当製品の肥満改善薬の成分である「オルリスタット」は服用しても体内にはほとんど吸収されないとされ、薬害等の中毒性の懸念は弱く常用しても体への害は少ないと考えられるということです。

また、特に海外では同成分の「オルリスタット」はジェネリック製品も発売されており、歴史も実績もありデメリットなど確認されているので、気になる問題点を回避しながら安全使用が出来るようになっています。

価格は高価格帯になる予想

販売予定価格としては販売元の大正製薬からは「販売戦略上、回答は控えさせていただきます」との事です。
海外ジェネリックですと120㎎が30錠でも6,000円前後で通販購入が可能ですが、市販薬として「初」なのでネット通販が出来ない人向けに思い切った高価格帯になる可能性もあります。

恐らく他社も追随する形で新商品が市販薬が発売されるかと思いますがので、そのあたりから価格競争となるではないでしょうか。

要指導医薬品としての販売ですので薬剤師が必要ですので、当面は高価格帯となるので、通販価格と比較して選ばれるといいでしょう。

参考:通販価格の”肥満改善薬”はこちら

参考:オルリスタット(Wikipedia-肥満治療薬の一種)

コメント

タイトルとURLをコピーしました