狭心症で心臓手術していた「鉄人・吉川晃司」の命救ったリアル“チーム・バチスタ”

男性の不安にはカマグラ

日本皮膚科学会もA判断で推奨の薄毛治療薬でAGA改善!!

男性の不安にはカマグラ

ED(勃起不全)の解消にカマグラゴールドはバイアグラの正規ジェネリック

エンタメ

 歌手、俳優の吉川晃司(55)が16日に都内の病院で心臓の手術を受けていたことが26日、分かった。心臓の表面にある冠動脈の狭窄(きょうさく)が見つかり「狭心症」と診断され、このままでは心筋梗塞を発症する可能性が高く緊急の治療が必要とのことで入院。映画「チーム・バチスタの栄光」(2008年)で演技指導を受け、その後も親交があった腕利き心臓外科医の下で結成された治療チームによる手術「冠動脈ステント留置術」が無事成功し、経過も順調だという。

 骨折したままステージに立つなど「不死身」の称号がふさわしい吉川を、生命の危機が襲っていた。  関係者の話を総合すると、吉川は3年ほど前から胸の痛みなどの自覚症状があり、何度か検査を受けたが異常なしの診断だった。しかし、痛みや違和感が消えないため、昨年暮れから今月にかけて、人間ドックや、より詳細な検査を受けた。  

安価な海外医薬品通販の三越屋では600円分の値引きポイントプレゼント中


その結果、心臓表面の冠動脈が狭くなる狭窄が見つかり、心臓の30%がうまく機能していないことが判明。「狭心症」で、いつ心筋梗塞で倒れてもおかしくない状態にあり、最終的に緊急手術が必要との診断を受けた。  すぐに入院し、16日に「冠動脈ステント留置術」の手術を受けて無事成功。経過は順調で、今後の活動にも影響はないという。  
毎日10キロのランニングに加え2~3キロを泳ぐアスリート並みの鍛錬で、吉川は強靱(きょうじん)な体力、心肺機能を持つ。心臓の機能が30%落ちていても、これまで受けた負荷をかけた状態で心臓機能を調べる検査などでは、並外れた良い数値をたたき出してしまい、なかなか異常が見つからなかった。  

手術では経験が生きた。吉川は「チーム・バチスタの栄光」で、チームのリーダーで心臓外科の権威である医師を演じていた。今回の診断を受け、自身が演じた役のモデルとも言われ、当時も直接演技指導を受けた医師に相談。劇中と手術内容は異なるが、“チーム・バチスタ級”のチームが結成され、万全の態勢の下で治療、手術を受けたという。  
吉川はデイリースポーツの取材に対し、手術を受けたことを認め、「昨年暮れの人間ドックからより詳しく検査をしていただき、いつ倒れてもおかしくない状況下で、幸い未然に適切な処置を施すことができた人との出会い、強運に感謝したい。今は元気に生きてます」と語った。  
3月にアクション作品の撮影で本格復帰。5月3日からのコンサートツアー振替公演に向け、近日中に体力作りを再開するという。  

◆冠動脈ステント留置術とは?
 金属製の網状チューブを血管内に留置して血流を確保する治療です。
ステントという小さな金属製の網状チューブを、バルーン(風船)にのせて、血管内に入れ、冠動脈まで送り込む方法です。バルーン療法と同じ要領で、狭くなった血管部分をバルーンで膨らませて拡げます。バルーンを膨らませることでステントも拡張します。十分に拡張した後、バルーンをしぼませて引抜き、ステントを血管内に置いておきます。その結果、ステントが血管の内腔を拡げた状態で支えていることになります。
バルーンで拡げてもすぐ血管が狭くなってしまう場合や、動脈硬化が進んでバルーンだけでは血管が拡がりきらない場合など、状況によってバルーン療法よりもステント留置療法が選択されます。
バルーン療法と比べて、再び血管が狭くなる率は減りますが、再び血管が狭くなることもありますので、治療後も定期的に冠動脈造影検査を受けて経過をみる必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました