「武漢市50万人感染」記事はすぐに削除

「武漢市50万人感染」記事はすぐに削除

武漢市では14日から全住民を対象にPCR検査を展開し10日間で終わらせるとしていました。
中国の複数のメディアが4月に行った検査では武漢では少なくとも50万人が感染している可能性があると報じました。

しかし、この記事は削除されました。

しかしながら、記事が削除されたことによりかえって注目を集め議論を呼んでいます。武漢市当局は先日研究通知を出し全市民を対象に10日間で中京ウイルスのPCR検査を行うと知らせました。

財新網(ざいしんもう)は5月12日の記事で武漢では4月にすでに1万1000人の血清疫学のサンプリング検査を行ったが5~6%のサンプルから陽性反応が示された、と報じています。
つまり武漢全体の感染率は5~6%ということで、新浪、捜狐、等のポータルサイトでも15日、この文章を転載しました。
武漢の1100万人のうち少なくとも50万人が感染している可能性があると伝えました。

武漢全体の感染率は5~6%

一方これまでに感染が確認されたのは5万人余りにすぎません。
すなわち90%の感染者はまだ発見されていないとしています。

しかし、これらの文章は掲載後すぐ削除されたためかえって人々の注意を引いています。
武漢の匿名希望の市民は4月に検査を受けた11,000人は全部閉鎖された居住区に住む住民で外出はしていないと言います。
当局は感染率の高さに驚き緊急通知を出して全市民の検査を実施していると話しています。

<武漢 匿名者の話>
武漢では2組に分かれPCR検査が行われている。
1つは血液検査で殆どの地区で政府の指示通りにPCR検査を行っている。
この検査で陽性反応が出ても感染者数にはカウントされない。

しかし、国際上では陽性が出れば感染者として数えるが、こちらの検査では症状が出ない限りではカウントしない。

この市民はさらに今回の全市民検査で陽性反応が出た人がいるがこれは3月の初めの、方艙医院を閉鎖に関係あると述べています。

方艙医院の閉鎖後の検査で陰性と出た人たちが帰宅し、
それから1人から2人に完成し、2人から3人が感染していった。
最終的には「三民居住区」のように感染が爆発的に増えた。
他の地区でもこれらの人が帰宅後に再び陽性となり、濃厚接触者の家族はそのままホテルに送られ隔離されている。

この市民は武漢の政府関係者はこれらの人々が帰宅すると、どのような結果になるのかをはっきりとわかっていながら自身の官職を守るためにずっと隠蔽しているとの事です。

現在行なっている検査も当局の目的は偽のデータを作るためであり、また各国から返品された検査キットの在校を履くためでもありこのことで検査キットのメーカーは、また一儲けできるのだと述べています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です