ピンポンマンション(香港141):売春宿の秘密とは?

エンタメ

香港には、様々な風俗業態が存在しますが、その中でも特に有名なのが「ピンポンマンション」と呼ばれる場所です。この施設は、香港の売春宿の一つであり、かつては九龍城というスラム街に存在していました。

しかし、九龍城が取り壊されることになり、多くの売春婦たちはピンポンマンションに移り住んだのです。この記事では、ピンポンマンション(香港141)について、その秘密や特徴について詳しく探っていきます。

ピンポンマンションの起源

ピンポンマンションの起源

ピンポンマンションは、香港の風俗業界で広く知られている名称ですが、実際には複数の施設が存在しています。この名称は、英語の「ワン・フォー・ワン(one for one)」という言葉にかけて作られたものであり、風俗サイトの一つとして知られています。

ピンポンマンションは、九龍城が取り壊された後、その売春婦たちが移り住んだ場所として注目されるようになりました。

九龍城はかつて、売春宿が集まるスラム街として知られていました。イーリンという売春婦は、九龍城が取り壊される前にそこで働いていたと話しています。彼女によれば、九龍城には数え切れないほどの売春宿があり、警察も取り締まることができないほど内部が複雑だったのだとか。しかし、九龍城の取り壊しに伴い、売春婦たちは新たな場所を求めてピンポンマンションに移り住むことになったのです。

ピンポンマンションの場所と特徴

ピンポンマンションは、香港のいくつかのビルに存在しています。具体的な場所や建物の階数は公には明らかにされていませんが、一般的には見た目は普通のビルであり、外からはピンポンマンションであることを示す看板は見当たりません。

ピンポンマンションは、ビルの各階に部屋があり、そこに売春婦がいます。

ピンポンマンションを訪れる際には、エレベーターで最上階まで上がり、階段を降りながら吟味するという方法が一般的です。ピンポンマンションの詳細な場所を知りたい場合は、インターネット上のサイトや掲示板で情報を探すことができます。ただし、ピンポンマンションは合法的な風俗業態とされているため、警察の取り締まりの対象になることもあることに注意が必要です。

ピンポンマンションの場所

このピンポンマンション(141ビル)は複数ありますが、良く知られている場所は「富士大廈」と「発利大廈」の2か所を抑えておきたいです。
*実際は、このようなピンポンマンションは複数あります。

香檳

↑香檳大廈

ちなみに「○○大廈」の「大廈」はビルの事を意味します。

富士大廈(富士ビル)の行き方

富士大廈(富士ビル)
富士大廈の場所・地図

富士大廈(富士ビル)は、香港島の銅鑼湾(コーズウェイベイ)にあります。
最寄駅は地下鉄港島線(MTR)の「銅鑼湾」駅です。
中環から「柴灣」行きの地下鉄に乗車して3つめが銅鑼湾です。

香港の街中では高層ビルが多いためか、GoogleMapを使っても正確に自分の位置を表示してくれない場合があるので方向が分からなくなったら広い通りに一度でるといいでしょう。

富士大廈 · 381~383 Lockhart Rd, Causeway Bay, 香港
★★★★☆ · アパート

2階から21階位までビンポンマンションとなっています。7階などは民家の階層もあるようですが、玄関をみれば一目でどちらか判断は付くはずですので、とりあえず「チャイム」を鳴らして美女のお顔を拝見!

發利大廈(発利ビル)の行き方

發利大廈ビル

最寄り駅はMTR尖沙咀駅です。尖沙咀駅のN2出口から徒歩3分程の場所にあります。

やはりGoogleMapは必須です。すぐに見つかります。

富士大廈 · 381~383 Lockhart Rd, Causeway Bay, 香港
★★★★☆ · アパート
その他のピンポンマンション

以下にもいくつか紹介しますが、香港では至る所でビンポンマンションが営業されています。
基本的にどちらも違法ではない営業をしている事もあるので、分かりにくい場所で営業する必要もないので、どちらも駅近くで手軽に利用する事ができますね。

五寶大廈(五宝ビル)
旺角(おうかく)にあり、地下鉄MTR旺角駅B3出口から徒歩5分程の場所

五宝大廈 · Ng Po House, 103-109號 Sai Yeung Choi St S, Mong Kok, 香港
★★★☆☆ · Housing

建興大廈(建興ビル)
旺角(おうかく)にあり、地下鉄MTR旺角駅D3出口から徒歩3分程

King Hing Building · 97 Fa Yuen St, Mong Kok, 香港
建造物

福樂大廈(福楽ビル)
福樂大廈は、佐敦(ジョーダン)にあり、地下鉄MTR佐敦駅A出口を出てすぐの場所

福楽大廈 · 21號 Jordan Rd, Yau Ma Tei, 香港
★★★★☆ · Housing

合宜大廈(合宜ビル)
銅鑼湾(コーズウェイベイ)にあり、地下鉄MTR銅鑼湾駅B出口から徒歩3分程

Hop Yee Building · 474~476號 Lockhart Rd, Bowrington, 香港
★★★★☆ · Housing

ピンポンマンションの運営と客層

ピンポンマンションの運営と客層

ピンポンマンションでは、売春婦たちが部屋ごとに働いています。客は自分が希望する部屋を選び、そこでサービスを受けることができます。売春婦たちは、ピンポンマンションの運営者に一定の手数料を支払い、その対価として部屋を提供してもらっています。

料金としては、500香港ドル(約9,000円)前後です。円安に注意!!
プレイ時間は30分位で1回です
主にアジア系の女性がほとんどで一部ロシア系などもいるようです。
主観になりますがハーフ系やロシア系の色白で美人な人は愛想がなくマグロ状態なのでお勧めできなかもしれません。

ピンポンマンションの客層も多岐にわたります。一部の客は香港の住民であり、風俗サービスを利用するためにピンポンマンションを訪れます。また、観光客や出張者など冷やかしの客もいるようです。
世界的にも珍しく安全に利用ができる性風俗でもあります。

ピンポンマンションのリスクと対策

ピンポンマンションのリスクと対策

ピンポンマンションを利用する際には、注意が必要です。ピンポンマンションで摘発され逮捕されるなどのニュースを見ることがありますが、基本的に違法ではないので逮捕される事はないはずです。

香港では売春行為自体は違法とはなってないようです。ただし、金銭を対価にした性風俗サービスを組織的に運営管理することは違法となっている。実際はマフィアなどの管理下に置かれているようですが、法の抜け穴をつく形で、客となる男性がアパートの部屋に1人で暮らす個人事業主の女性を訪ねる体でのピンポンマンションが発達することになった。

また、それでもピンポンマンションでの逮捕、摘発などがニュースとなる場合がありますが、これは別の要件での逮捕になります。売春補助(売春斡旋)とマネーロンダリング、不法滞在者(不法占拠)、違法薬物所持などと、売春とは異なる案件での逮捕となっているはずです。
例えば、元々、空室であった部屋を不法占拠して内装工事をし売春宿としたり、ビザが無く不法滞在している事による逮捕などなど。

基本的に法律的には安全ではありますが、ピンポンマンションの女性は一日に何人も男性を相手にしているので衛生面や性病の類いは覚悟、注意が必要ですね。
コンドームの利用は必須ではありますが、それでも性病の危険性があるので「臭いや色、性病的なデキモノができてないかなど」の挿入前に確認は必要です。

ピンポンマンションの社会的背景

ピンポンマンションの社会的背景

ピンポンマンションが香港の風俗業界において存在する背景には、社会的な要因も関与しています。経済的な困窮や社会的な差別などが、売春婦たちがピンポンマンションで働く理由の一部となっているのです。

また、ピンポンマンションは香港の風俗業界における一部の問題を浮き彫りにしています。風俗業界の合法化や規制の見直し、売春婦の権利保護など、さまざまな社会的な議論が存在しています。ピンポンマンションの存在は、風俗業界における倫理的な問題や社会的な課題について考えさせられる機会となっています。

まとめ

ピンポンマンション(香港141)は、合法風俗で、警察の監視もしっかりしている。支払いをせずに逃げたり、女の子がNGと言っている指入れやナマでの挿入などを無理矢視すると、直ぐに警察に通報されて逮捕されてしまうので、紳士的に遊んでください。

コメント