嵐・大野智、『うたばん』で中居正広と大喧嘩 「すっごい嫌だった」!

2020年12月10日の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にT、国民的アイドルグループ・嵐とTBSの21年の歩みを振り返った『嵐×TBS 21年の軌跡SP』を放送。
嵐リーダー・大野智が中居正広との喧嘩コントを振り返った。

カマグラゴールドで勃起不全解消

◼『うたばん』名物-中居との喧嘩コント

中居ととんねるず・石橋貴明がMCを務め人気を博したTBSの音楽番組『うたばん』。嵐もデビュー直後の1999年からたびたび同番組にゲスト出演し、知名度を高めていった。

『うたばん』の名物となったのが大野と中居の喧嘩コント。石橋が隣に座る大野に「中居を煽る発言」を耳打ちして大野がそれを代弁、先輩の中居が怒って大野に襲いかかるところを、あいだにいる嵐メンバーが止めるという流れだ。

喧嘩コント2

◼喧嘩コントのきっかけは?

喧嘩コント きっかけ

「大野のキャラが薄い」と中居がイジったときに、なにも返せなかった大野に石橋が耳打ちしたのが、同喧嘩コントのはじまり。

三越屋は会員登録でポイントプレゼント

ゲームに負けて嵐の歌をカットしようとした中居に「中居、大人げねーよ」、ドラマ撮影で遅刻した大野に嫌味が止まらない中居には「それがゲストを迎える態度か」と大野が煽りまくり、メンバーが中居を止める。

喧嘩コント1

しかし、大野は「貴さんが耳打ちしたのをそのまま言う」だけとはいえ本番中に失敗できないプレッシャーもあり、「一発で覚えなければいけない、もう必死。すっごい嫌だった」と当時の本音を漏らした。

◼中居との関係は?

それがゲストを迎える態度か##

有吉弘行は「貴さんに(耳打ちで)言われているのはあるけど、実際に(中居を)嫌いは嫌いだった?」と大野に質問。大野は苦笑しながら一瞬躊躇して「いやいや」とつぶやくばかりだったため、「なんで1回飲んだの?」「否定が遅い」と周囲からツッコミが飛ぶ。

大野は「嫌いじゃないけど、プライベートで会ったこともちゃんと喋ったこともない。正直どんな人かわからない」と言及。喧嘩コントで番組を盛り上げた大野と中居だが、その場限りの関係性だったと明かした。

◼ファンも堪能

嵐、大野の知名度を一躍高めた『うたばん』の喧嘩コント。

三越屋は会員登録でポイントプレゼント

ファンからは「うたばんといえば大野くんと中居くんの喧嘩コントですよね」「中居くんVS大野くんの うたばんお決まり乱闘シーン面白かったなぁ」「うたばんの中居くんと大野くんが喧嘩する件のやつめっちゃ好き」「もっともっと下剋上コントを観たくなったよ」と多くの感想が寄せられていた。

当時から人気を博していた、この大野さんと中居さんの喧嘩が名物だった「コント」の初めて明かされる秘話に、視聴者からは

《特にファンでもないけど当時しぬほど笑った!》

《タカさんの耳打ちからの中居くんへの暴言、大野くんの抜群の間の取り方が絶品だった。》

《大ちゃん(※大野さんの愛称)と中居くんの絡みは最高に面白かったですっ!》

《あのお約束、笑って見てました。》

など、当時を懐かしむ声が多数寄せられました。

カマグラゴールドで勃起不全解消

「嵐・大野智、『うたばん』で中居正広と大喧嘩 「すっごい嫌だった」!」への1件の返信

  1. ■大野智「すっごいイヤだった」下克上コントの裏話で垣間見えた中居正広の“手腕”と大野智の“努力”
    このコントのきっかけは、嵐の中でキャラの薄かった大野さんのために、中居さんと石橋さんが仕掛けたものだと明かされました。

    ネットでは「キャラが薄い大野くんのために仕掛けた中居くん。若い頃からやっていたんだぁ」「ゲストにキャラ付けして世の中に認知させるタカさん&中居くんすごかったなぁ」など、他にもモーニング娘。や舞祭組などメンバーを”キャラ立ち”させた中居さんの手腕を称賛する声があがりました。

    一方、当時の思い出を聞かれた大野さんは意外なことに「すっごいイヤだった」のだそう。「もう必死で…(耳打ちされるセリフを)一発で覚えなきゃいけないから、すっごいイヤだった」「(セリフを)噛んだら終わっちゃうから、すっごく必死だった!」と振り返りました。

    アドリブで瞬発力を要求されるコントだけに苦労も大きかったのでしょうが、大野さんがセリフを返す絶妙の”間”は素晴らしく、当時の放送の中で石橋さんが「大野くんはどんなタイミングでもいけるから凄い」と褒めたこともありました。

    ファンからは「うたばんでの智くんの頑張りは伝わっていたよ」「必死だったのね。智くんの笑いのセンス抜群だったよ」「今日の夜会の収穫は『うたばん』の下克上コントを智くんがどれだけ気を張って必死でやり切っていたのかが知れたことと」など、大野さんを労うコメントが続出しました。

    大野さんの知名度を一気に上げた名物コーナーですが、得意気に思い出を語るのではなく、あくまでも苦労したことを切々と語るのも大野さんらしいのかもしれません。

    これまで詳しく語られる機会がなかっただけに、貴重な放送回となったのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です