ロシア軍のドーピング?ロシア語表記の注射器が漂着

男性の不安にはカマグラ

日本皮膚科学会もA判断で推奨の薄毛治療薬でAGA改善!!

男性の不安にはカマグラ

ED(勃起不全)の解消にカマグラゴールドはバイアグラの正規ジェネリック

エンタメ

ロシアとウクライナの間の戦争はますます激しくなっており、原子力発電所での事件や、毎日のようにロシアとウクライナの恐ろしいニュースが報道されています。
この戦争の中、ロシアから3000キロ以上離れた日本の兵庫県と鳥取県の海岸で、ロシア語が印刷された多数の注射器と針が多数発見されています。

「読売新聞」のオンラインレポートによると、2022年3月2日時点、島根県だけで確認された漂流した注射器の数は2,600本を超えています。
これらはロシア語の文字で包装された注射器は、針と一緒に日本の海岸に打ち上げられました。
包装にロシア語「危険なので触れないで」との注意喚起と共に注目を浴びている。

 未確認の注射器が2月19日に京都府の琴引浜
未確認の注射器が2月19日に京都府の琴引浜

「FNN」の報道によりますと、未確認の注射器が2月19日に京都府の琴引浜(ことひきはま)で最初に発見され、その後兵庫県、鳥取県、島根県、福井県で発見されたと報じられています。
「FNN」の記者が島根県松江市に状況の確認にいったところ、注射器がきれいにされておらず浜辺に散らばっていて、海藻や砂に埋もれていることがわかりました。
これらの注射器の長さは約10cmで、使用された疑いのある針が付いているものもあります。

パッケージにはロシア語の文字が印刷されており、医療用注射器としてマークされています。

鳥取県と島根県の間の海岸からは、合計約2,600本の注射器が見つかりました。一部の地域住民は、使用済み注射器を使用した場合のウイルス感染のリスクについて懸念し、当局ができるだけ早く注射器の回収を要求していました。

海上保安庁は、注射器を見つけた場合は触れないよう、地域の自治体に連絡するよう呼びかけました。

鳥取県は2月28日に注射器の回収作業を実施した。
海岸から東に20キロ以内で12人のチームにて行い、合計で約1,200本の注射器が回収されました。
これは、これまでに4,000本近くの注射器が見つかったことを意味します。
回収作業に参加した河川部長の池田典男氏は、過去に日本に針が漂流した事件はなかったと語った。
これらのロシアの針が日本に漂流した理由はまだ不明です。

回収された注射器と針
回収された注射器と針

ロシア製と思われる日本海に漂着した注射器の回収作業のレポートを見た後、一部のネットユーザからは、これらの注射器がロシアとウクライナの間の戦争に関連しているとの疑いも持たれている。

ロシア軍の注射器の長さ


これらの注射器が意味するのは、ロシアの兵士が戦争のためにドーピングを注射した証拠なのかもしれません。
または、新しいコロナワクチンの注射器ではないかとの意見もあるなど憶測が飛び交っています。

しかし、一部のネット市民は、日本とロシアの距離や海流によっては、これらの注射器がロシアから漂流した場合は不自然だと指摘している…これらの注射器はどのように日本に漂流したのでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました