皮膚の摘出手術で対応

薄毛に悩む植毛での弊害(ザ!仰天ニュース)

前回の「ザ!世界仰天ニュース」を見ましたか?
植毛手術後の弊害で日常生活が満足に送れなくなってしまった内容でした。
植毛手術というと外科的施術ですが皮膚の表面だけだから体への影響はすくなく、問題というと費用面位と考えていませんか?
植毛というと薬物治療が効果がない毛根が無い部分などへも選択される手法ですね。額が広いとかコンプレックスを感じている人が少なくないんですね。

男性向けの薄毛治療薬は進歩し、普及していますので近年では植毛よりも、薄毛治療薬のミノキシジル、フィナステリドが一般的では無いでしょうか。
ですが、元々、額が広い、毛がないなど毛が生えてない、薄い部分ではお薬の効果がありません。
このような場合は、植毛、カツラ(人口毛髪)が選択されるかもしれません。
植毛技術も向上し、自分の身体の一部(頭皮や毛根)の部分移植なので弊害や副作用は無いはずですが、人体が本来持つ「免疫作用」という落とし穴があった事例です。

植毛手術は一般的には2種類あり、
1.後頭部の頭皮の一部を切り取り移植
2.毛根をから毛を一本一本、切り抜き移植

頭皮の一部を切りとる、パンチで毛根ごとくりぬき移植。

植毛施術は一般的には、麻酔をしているので施術中は痛みも少ないです。
ですが、術後はやはり痛み、化膿止めが必要になります。
数日で痛みや化膿は落ち着くようですが、施術の部分の毛を剃る必要があります。広範囲に及ぶ場合は丸坊主にする必要があり包帯等でカバーする必要があり帽子などを被る必要がありますね。

薄毛治療ならフィンカ―
海外ED、薄毛、美白のジェネリックが購入できます。

今回の事例では、植毛手術の結果、毛根が異物として免疫反応が起きた。
免疫反応を起こすリンパ球が体内の血液を通じて増殖した結果、体に支障を来したという事です。同時に神経が刺激され痛みが伴ったようです。

育毛施術を対応しているクリニックのサイト情報を見ましたが、このようなリスクは稀なのでしょうが、この危険性に触れているクリニックは殆どありません。
手術した後は痛みや麻痺が一定期間残るのは想像がつきますが、人の免疫により障害を負ってしまう可能性があるのは考慮が必要ですね。

最終的には問題部分の頭皮を切り取る事で症状は改善に向かっているとの事ですが、美しくなる事のリスクって意外と高い一例ですね。

この事例は本当に稀(まれ)なのでしょう、本来ない部分に異物を入れるのですから少なからず免疫反応が働くのでしょう。
臓器移植などでも免疫反応を起こすように植毛においても同様な事が少なからず起きているという事ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です