コロナ再感染

コロナに再感染(世界初実証)

[香港 24日 ロイター] – 香港大学の研究者は24日、新型コロナウイルス感染症から回復した男性が4カ月半後に再感染したことを確認したと発表した。実証された再感染のケースとしては世界初。研究者は、集団免疫が獲得されても、ウイルスの流行が継続する可能性を示唆しているとの見方を示した。

世界で初確認、初めてのコロナの再感染

研究によると、香港の男性(33)は4月、コロナ感染症から回復し退院。
しかし、今月15日、英国経由でスペインから香港に戻った際、コロナ検査で陽性が判明した。2回目の感染では1回目とは異なるコロナウイルス株に感染しており、無症状だったという。

個人輸入を最短4日で。安価なジェネリックならば三越屋
海外ED、薄毛、美白のジェネリックが購入できます。


研究者は「ワクチン接種に意味がないことを示しているわけではない」と強調。「ワクチン接種と自然感染を通じた免疫獲得は異なる可能性がある」とし、「ワクチンの効果を見極めるため、臨床の結果を待つ必要がある」と述べた。 中国の疫学専門家は5月、同国での再感染率が暫定ベースで5─15%と発表していた。 世界保健機関(WHO)の伝染病学者は、香港で示されたケースを踏まえて結論を急ぐ必要はないと、慎重な見方を示した。英国の専門家もロイターに対し、単一の観察結果から根拠ある推論に導くことは困難とコメントした。

インフルエンザにも香港A型やB型なのど複数の種類が存在し、単なる風邪にしても様々なウィルスが原因となっています。
想定がついていた事象ですが確認されたという事で、今後のウィルス対策の動きにも影響しそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です