エイベックス松浦勝人会長が制作専念でCEO退任へ

エイベックス松浦勝人会長が制作専念でCEO退任へ

エイベックスの松浦勝人会長(55)が15日、ツイッターなどで6月の株主総会でCEO(最高経営責任者)を退任する思いをつづった。

同社は14日、6月26日開催予定の株主総会での役員人事について、松浦会長は「代表取締役会長CEO」から「代表取締役会長」となる予定であることを公表した。松浦会長はCEOを退任することについて「念願であったクリエイティブに専念することにした」と明かした。

松浦会長は約16年の社長業について「今思えばいい経験ではあるけれど、その間は自分が自分でないようで、とても苦しい日々だった」と振り返った。16年の間で、音楽制作の手法も個人で作る手法からチームで作手法が増えるなど流れが変化する中で「あと10年から15年がクリエイティブに参加できる限界かなと感じ、その時期を逃さないためにはCEOの職を降り、音楽制作と、それを広めるための新しいテクノロジーの事業に専念するという決意をした」。

今後は会長職に残り、経営権は黒岩克巳氏が代表取締役社長CEOとして持つことになるといい「人間としてはまだまだ未熟だけど、反省すべきところは反省しながら、『仕事が遊びで遊びが仕事』という自分の精神を大切にし、そんな僕だからこそできたこのエイベックスの遺伝子を次の世代に残し、後進の育成にも励んでいきたい」と思いをつづった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です