【画像】外国人が撮影した「100年以上前の日本」が凄すぎると話題に

以前から海外サイトにて話題になっていた貴重な「明治時代の日本」の写真です。

1908年(明治41年)、日本を訪れたドイツの学者が約半年間の滞在期間の中で撮り溜めた古き日本の貴重な白黒写真。商店が立ち並ぶ町並み、、立ち話をする大人達、遊びまわる子供達など、日常生活を送る当時の日本人の姿が数多く映されている。

 ドイツ生まれのアメリカ人写真家、アーノルド・ジェンス(Arnold Genthe 1869-1942)は、アメリカ、チャイナタウンの写真で脚光を浴びた後、著名人の人物写真専門のスタジオを設立している。
多くのポートレートを手掛けたほか、1906年にサンフランシスコを襲った震災の写真など、貴重な記録を残したことで知られる。彼の死後、スタジオに残された約2万枚の写真はアメリカ議会図書館に引き取られ、現在はアーノルド・ジェンス・コレクションとしてネット上で閲覧可能になっている。

100年前の日本の町並と人々の生活を記録した写真 by Arnold Genthe

日本・江戸時代の街並み
日本・江戸時代の街並み2
日本・江戸時代の街並み3
日本・江戸時代の子供たち
日本・江戸時代の子供たち2
日本・江戸時代の子供たち4
日本・江戸時代の人々
日本・江戸時代の街並み8
日本・江戸時代の街並み9
日本・江戸時代の街並み10
日本・江戸時代の街並み11
日本・江戸時代の街並み12
日本・江戸時代の海水浴場
日本・江戸時代の海水浴場2
日本・江戸時代の街並み12
日本・江戸時代の街並み13
日本・江戸時代の街並み14
日本・江戸時代の街並み15
日本・江戸時代の街並み16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です